カメラレンズの精度は高度な技術から

高い技術の信頼

レンズを支える

カメラレンズの精度はカメラ内部の部品に支えられてます。レンズが良くても撮影に必要な部品がニーズに対応してないとユーザーの満足した撮影はできません。精密な部品は沢山あります。
その中でシャッターユニットは撮影の心臓部になります。デジタルカメラの小型で軽量なシャッターユニットの発明です。コストを抑えながら品質は落とさず提供できる技術は高く評価されてます。
光量調整装置となるデジタル制御のステップアイリスは光の量を自動で調節可能にした特許取得してました。ステップアイリスはデジタルカメラにないと成立しないと言われるほど大きな発明です。
デジタルカメラの心臓部と言われる部品で高品質・信頼を確立した事は業績などにも直結する技術力・プロ意識の高さからです。

成長する企業

プロ集団と言える企業はどんな事をしてるのでしょう。地道な研究・開発に努力を惜しみません。常に意識してより良い製品を作る努力をしてます。そうすると利益を得られる、そこで満足せずさらに良い製品を研究・開発をします。その積み重ねで高品質・信頼性を築いてきました。カメラの部品は内部にある見えない部分です。見えない部分が支えてユーザーに納得した商品を提供できます。世の中に役に立つ製品を作り続けてます。
また、研究・開発は国内にとどまらず海外の取引企業からアドバイスを参考にしてます。海外のニーズは国内と違います。世界に通用する製品を作るには海外の取引企業にアドバイスしてもらう事でさらなる進化に役立ちます。海外の企業と友好な関係を築くだけでなく大事な情報源になります。