カメラレンズの精度は高度な技術から

光をコントロール

アイリスの進化

カメラに必要なアイリスは光を調節する絞りです。自動で光を調節するオートアイリスにより設置場所の明るさ・被写体に対応してきました。特に監視カメラは人がずっと監視する代わりに使うので自動でいつでも映し出せなくてはいけません。
オートアイリスに一歩進んだ技術でステップアイリスを研究・開発してきました。オートアイリスの性能で十分かと思いますが、ステップアイリスは超薄型減速機付ステッピングモーターにより、細かな一定角度のモーター出力で光の量をデジタルで調節してくれます。
手動で光の量を調節するのはこれだと思う瞬間を撮るのは難しいです。デジタルで調節できると一瞬を逃しません。どんな環境・場所・条件にも対応できる研究・開発をしたのです。ステップアイリスは光量調節装置として特許取得してます。

高品質なユニット

ユニットはシャッターを切る時の動きを助けます。一定時間光を当てて光を遮断する装置です。
レンズキャップの開閉で代用していた時もあります。シャッターを切るとカシャと音がします。今のデジタルカメラは音がしない設定ができます。
プロカメラマンはシャッターユニットを早く正確に切る事が勝負です。デジタルカメラの普及で媒体の小型化でシャッターユニットも扱いやすくなり短時間に大量の撮影ができるようになりました。シャッターを押したら素早く正確に撮影できるシャッターユニットが必要になります。デジタルカメラでシャッターユニットをコントロールできる事で好きな写真を選択・不要な写真は削除できるのです。
良い物は使う頻度が多くなります。耐久性などに優れた高品質で低価格の製品を実現してます。